小学校受験で準備期間はどの程度必要?

子供のために小学校受験を検討している人もいるでしょう。なんでもそうですが、入試合格するためには準備をいろいろとする必要があります。しっかり受験対策をしてから入試当日に臨みましょう。ところで小学校受験をするにあって、どの程度の準備期間が必要でしょうか?基本的に準備期間が長ければ長いほど、合格できる可能性は高まります。少なくても1年前から本格的な試験対策を進めたほうがいいといえます。ちなみに東京の私立小学校の場合、毎年11月に入試の実施されることが多いです。周辺の埼玉県や神奈川県の入試はさらには約10月ごろに行われるのが一般的です。中学以降の入試は春先に実施されることが多いでしょう。ですからつい勘違いをする親御さんもいますので、注意が必要です。

どのような準備をすればいいか?

ではどのようなことを準備しておけばいいかですが、まずコミュニケーションスキルを上げることが求められます。まず人と会った時には挨拶をする習慣をつけることが大事です。そして会話はキャッチボールであることを子供に理解させることも大事です。子供の中には、相手の話を聞かずに自分のことだけを一方的に話しまくろうとするケースも少なくありません。そこで自分の話をするだけでなく、相手の話もしっかり聞くように指導しましょう。ちなみに小学校の入試問題の中で、テープで問題が出題されて、その内容を聞いて答える筆記試験があります。このテープ問題対策をする意味でも、相手の話を聞いて理解する力を養うことが重要となります。

子供らしさも考査のポイントに

子供ですから、完璧にきちんとする必要はないですし、教育機関側もそのようなことはおそらく求めてはいないでしょう。また入試のポイントとして、子供らしさのあることも重要なポイントになります。あまり入試・入試と思ってしまうと、子供も窮屈な思いをしかねません。その部分は親御さんのほうでうまくコントロールすることが求められます。子供の場合、まだまだわがままなところがあるかもしれません。その部分は入試前にはある程度改善をしておいたほうがいいでしょう。例えばほかの受験生と一緒になって遊んでもらって、これも考査ポイントとしている学校は多いです。このお時、協調性を持った子供かどうかも重視しています。一緒になって仲よく遊べているかどうかも重視されるので、ほかの子供たちとコミュニケーションをしっかりとることも大事でしょう。

60年の歴史で培った独自の教育で名門小学校合格をサポートします。 小学校受験は、詰め込み式やスパルタでは合格出来ません。 多くの合格実績があるからこそ分かる、面接対策をアドバイスします。 希望の幼稚園、小学校の受験対策に特化したクラスでは合格まできめ細かく指導します。 小学校受験では子どもの資質と同様に重視される面接も伸芽会が徹底サポート。 伸芽会は名門小学校受験のパイオニアです。