小学校受験で問題集活用

小学校受験対策として、問題集を解くことは有効です。小学校受験では、ペーパー問題が含まれます。各学校で、出題傾向にオリジナリティが見られます。つまり志望校の問題集を解くことによって、ある程度どのような対策をすればいいかが見えてきます。どの学校も入試問題は公表していません。しかし受験者の情報を基に作成しているので、入試問題そのものではなかったとしてもかなり確度は高いといえます。この手の問題集は書店などでも販売されています。また受験を希望しているのであれば、常日頃からそのような幼児スクールに子供を通わせている親御さんも多いでしょう。この幼児スクールでも問題集を取り扱っていることはあります。実際の授業でも導入していて、宿題として問題集を解くこととしているところも見られます。受験対策として何をすればいいのかわからないというのであれば、問題集を解いてみるといいでしょう。

ペーパー試験は必要ないものではなし

受験の世界でしばしば「ペーパー試験はあまり重要ではない」とか「行動観察のほうを重視している学校が多い」といわれます。確かに行動観察では大きな差が付き、ペーパー試験はどの親御さんも入念に準備しているのでなかなか差がつかないのは事実です。しかしペーパー試験の対策をすることは大事です。ペーパー試験そのものの対策の意味合いもありますし、子供の能力を伸ばすという意味においてもきっとプラスになるはずです。ペーパー試験対策をすることで知能が成長します。また学習する習慣が身に付きますし、勉強をするときに集中力を養えます。このような能力アップは、小学校の受験にはきっと間接的にプラスになるはずです。

問題集利用する習慣をつけること

問題集を子供に解かせるにあたって、できれば毎日決まった時間にやらせて、習慣化してしまうのが理想です。しかし子供は大人のように聞き分けがいいとは限りません。無理やり勉強をさせようとすると、子供が勉強嫌いになってますます試験対策をするのが難しくなります。また思っているように学習力が向上しない場合でも、焦りは禁物です。実はこの年代の子供は脳が成長する時期に差し掛かってきます。すると一時的に理解力がダウンしてしまうこともあるのです。次の成長に備えるための脳の準備といわれています。もしなかなか理解度が進まないようであれば、ペーパー試験対策をいったん中断し、ほかのことをして気分をリフレッシュさせることも大事です。するとある時急激に伸びることもあり得ます。